市販より格安《ハイドロキノンクリーム4%》通販/個人輸入

シミと肝斑の違い

シミも肝斑も女性にとっては憎っきシミなのですが、シミの原因が異なるため、シミを消す方法が異なってきます。

 

シミの原因といわれる紫外線は有害物質ですから、メラニンが吸収することで皮膚がんにならないようメラニンは体を守ってくれています。

 

通常ならば、肌のターンオーバーとともにメラニンは表皮に現れシミとなりますが、ターンオーバーにより剥がれおちシミが定着しないようにできています。
若い頃は・・・

 

ところが、加齢とともにそのターンオーバーがうまく回転しなくなり、表皮に現れたメラニンが剥がれおちず定着してしまい、シミとして私たちの目に留まるようになるのです。これが、紫外線が原因によるシミができる仕組みです。

 

一方、肝班は紫外線の影響ではなく、女性ホルモンが原因です。
その、特徴ともいうべきなのが妊娠・出産を期にいきなり大きく現れだすシミが濃くでてきます。

 

良く、出産前にウォーキングなどで体重コントロールするために頻繁に日にあたっていた方が肝斑が現れやすいようです。

 

また、出産以外でも30〜40歳代の女性は更年期に向かって女性ホルモンの分泌量に変化がおこり始める年頃です、その影響もあり、肝斑が出やすい年齢でもあります。

 

ホルモンが原因で起こる肝斑もシミなのですが、ハイドロキノンでは薄くなりにくい傾向があります。

 

肝斑によるシミはトラネキサム酸が有効とされているので、服用されてみてください。