市販より格安《ハイドロキノンクリーム4%》通販/個人輸入

日焼けがもたらすシミの恐怖

日焼けがもたらすシミの恐怖

人間の肌細胞の寿命は基底層での細胞分裂から始まり
段々と上に押し上げられていきます→有棘層→顆粒層 →角質層→剥がれ落ちるを28日間で繰り返します。
これがターンオーバーと言われています。

 

よって、表皮の下へ行けば行くほど生まれたての細胞が存在することになります。

 

この、ターンオーバーが順調に進めば、常に新しい細胞なので、シミもシワもできません。
しかし、日焼け・紫外線を浴びてしまうことによってこのターンオーバーの周期が乱れてしまいます。

 

ところがターンオーバーは加齢とともに乱れてきます。
28日だったところが30日・・35日・・・と肌の生まれ変わりに時間がかかってくるのです。

 

そうなると、本来排出される予定だった、メラニン色素がうまく排出されずに皮膚の中にとどまってしまいます。
これが色素沈着を起こしシミの始まりとなります。

 

ちなみに8月に真っ黒に日焼けした子供も、冬が過ぎ春なるころには、元の肌色に戻っています。

 

これは、ターンオーバーの乱れもなく、肌細胞を活発に生ま変わることができているので、色素沈着などを起こさず、日焼けして真っ黒になった肌細胞はしっかり剥がれ落ちているからなのです。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ