市販より格安《ハイドロキノンクリーム4%》通販/個人輸入

紫外線の肌への影響

紫外線の種類と肌に影響する紫外線

紫外線は、地球に届きやすものからA波→B波→C波と分けられています。

 

短いほど強く人体に悪影響を及ぼしますが短いほどオゾン層で吸収されてしまうので、c波は地上に届きません。

 

日常で浴びる紫外線の約9割はA波で、残りがB波ですが、人体への悪影響はでいうとB波はA波の1000倍有害と言われています。

 

人体に悪影響だからこそオゾン層の破壊問題は深刻なんです。

 

紫外線A波(UVA)

 

紫外線A波は皮膚の真皮まで達して、弾力線維であるエラスチンを傷つけ、たるみやシワができます。
紫外線は 普通の窓ガラスも通過しますので室内にいても紫外線を浴びている状態です。

 

ですから 皮膚の老化の80%は紫外線からの光老化で、加齢による老化は20%だと言われています。

 

 

紫外線B波(UVB)

 

皮膚内部で活性酸素(毒性のある物質)を作り出し、皮膚細胞内のDNA(遺伝子)にダメージを与え、
大量に浴び続けると、ガンの発生もあります。

 

特にオゾンが破壊されている地域のオーストラリアでは紫外線対策に神経を使っています。
なぜなら、皮膚ガンの増加はオゾン層の破壊により多くの紫外線B波(UVB)が地球上に達しているからです。

 

 

紫外線C波(UVC)

 

これを肌に浴びると、ガンの発生率が高くなり、一番危険な紫外線です。
通常は、地球のオゾン層で吸収され、地表には届きません。
 紫外線C波(UVC)が地球上に届くと生物は生きていけないと言われるほど非常に危険な紫外線です。

 

 

 

●日焼けがもたらすシミの恐怖

 

紫外線を浴びるということは、肌細胞内のメラノサイト(色素形成細胞)が刺激を受けたことになります。

 

メラノサイトは肌の奥底にありますが紫外線の刺激はは肌の奥まで届きますから刺激を受けたメラノサイトはメラニン色素を生み出します。
メラニン色素は肌のターンオーバーの期間、約2週間を経て角質層に到達します。

 

メラニン色素が表皮に到達するとメラニン色素は肌を守る為に黒くなります。
その後、大量につくられたメラニンはターンオーバーにより表皮からはがれ本来シミにはならないはずなんですが・・・

 

しかし、加齢によるターンオーバーの衰えや、紫外線がもたらうターンオーバーを乱す働きメラニンに侵された角質が剥がれにくくなり、終にはメラニンの黒さが沈着し、それがシミへとなっていくのです。

 

本来は体を守ろうとしているメラニンなんですがね・・

ホーム RSS購読 サイトマップ