トラネキサム酸 通販

おすすめのトラネキサム酸配合トランサミン

100%正規品しか扱わない個人輸入代理店




1錠=トラネキサム酸500mg配合
1箱100錠入り=3,214円〜

送料無料

トラネキサム酸500mg配合のトランサミンの詳細はこちら>>


トラネキサム酸の効果

30代〜40代に女性ホルモンの影響で、メラノサイト活性化因子「プラスミン」が発生するため肝斑ができます。
トラネキサム酸を摂取することでメラノサイト活性化因子「プラスミン」の発生を阻害することで、肝斑の原因となるメラニンの発生を抑制し肝斑が薄くなってきます。

 

トラネキサム酸と女性ホルモン

肝斑が女性ホルモンの影響により発生するため、トラネキサム酸が女性ホルモンに影響を与えるのでは?と不安を持つ方もいますが、トラネキサム酸は女性ホルモンに直接影響する事はないため、継続的に飲み続けても女性ホルモンに変化は起こらず安全です。

 

トラネキサム酸の副作用

 

副作用は消化器症状(食欲不振、悪心、嘔吐、下痢、胸やけ)が現れやすくなります。
トラネキサム酸は血液が固まったものが溶けにくくするため血栓作りやすい状態になります。

 

よって、身内に血栓症を発症した人(心筋梗塞・脳血栓・血栓性静脈炎)なども、トラネキサム酸の服用は控えた方が良いでしょう。

 

納豆で血栓予防

納豆にはナットウキナーゼという血栓を溶かす作用がある成分が含まれています。
1日2パック食べるだけで効果が期待できるため、トランサミンを服用する場合は積極的に納豆を食べるようにしましょう。

 

又、納豆には大豆イソフラボンが含まれているため女性ホルモンのバランスを調整する上でも積極的に食べたい食品です。

 

トラネキサム酸を病院で処方してもらう場合

トラネキサム酸配合の薬トランサミンは、美容外科でもシミの内服薬として使われています。

 

最近は肝斑を消すレーザーが開発されていますが以前は唯一の手段がラネキサム酸の服用でした。

 

今でも病院では、飲むだけで肝斑が消える手軽な手段としてトラネキサム酸を有効成分とする、シミや肝斑(かんぱん)などの内服薬として処方しています。

 

某大手美容外科の場合、トラネキサム酸250mg配合を90錠で 2880円で処方してもらえます。
※処方手数料と診察料金は別途

 

個人輸入の場合トラネキサム酸が500mgに配合の錠剤が100錠=3,214円〜
なのでコストパフォーマンスは個人輸入の方がお得ですね。

 


>>トランサミン(トラネキサム酸500mg)の詳細はこちら<<

 

主成分がトラネキサム酸の第一三共のトランシーノ

 

第一三共のトランシーノはト2種類あり、一つが第一医薬品のトランシーノU、もう一つは第三医薬品のトランシーノホワイトCクリアです。

 

トランシーノにはトラネキサム酸だけでなく、L-システイン アスコルビン酸(ビタミンC) ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) パントテン酸カルシウムなど女性の美しさを助ける働きがある成分も含まれています。

 

約8週間の連続服用で肝斑の改善がみられるとされる日本産の薬です。

 

第一三共ヘルスケアのトランシーノとトランサミンの価格比較

 

トランシーノUは1日2回、1回2錠、1日4錠でトラネキサム酸が750mg摂取できます。

 

60錠入り=1800円
120錠入り=3400円
240錠入り=6300円で販売されています。

 

1日=105円で、1日にとれるトラネキサム酸は750mgです。

 

一方、個人輸入で購入できるトランサミンは1錠でトラネキサム酸が500mg摂取できす。

 

2箱まとめ買いならば1箱が100錠入りで=3,214円で購入でき、1日=64円、ただしトラネキサム酸は1000mg摂取できます。

 

主成分がトラネキサム酸の資生堂のHAKU

 

トラネキサム酸と言えば服用のイメージが強い成分ですが、トラネキサム酸をスキンケアに取り入れたのが資生堂の商品である美白化粧品のHAKUです。

 

以前は肌からトラネキサム酸を浸透させることができなかったのですが、m-トラネキサム酸を開発したことで、化粧品でも肝斑が改善できるようになりました。
そんなm-トラネキサム酸を配合したのがHAKUメラノフォーカスシリーズは値段が高いのですがその分美白効果が期待できるため人気のあるシリーズです。

 

トラネキサム酸が有効な肝斑とは?

肝斑は紫外線によるシミと同じメカニズムであるメラノサイトによりシミが発生します。
そして、大きく違うのは、肝斑の場合メラノサイトを活性化させる原因が女性ホルモンというところです。

 

よって、肝斑ができやすい年齢は30代−40代、または女性ホルモンが活発に分泌される妊娠中です。

 

紫外線によるシミと肝斑の違いをチェックするのに簡単な方法はシミのでき方です。
肝斑は、目の下など目の周りにできやすく、左右対称色なシミ、黒ずみよりも全体的に薄茶なのが特徴です。

 

肝斑はハイドロキノンクリームでは効果がない?

 

ハイドロキノンクリームは美容外科などで美白治療として使用されるシミ取りクリームです。

 

元々、ハイドロキノンはその効果を保ちつつ化粧品に配合することが技術的に難しく、病院などでハイドロキノンそのものを処方されていましたが、最近は技術がすすみハイドロキノン配合の化粧品も販売されています。

 

美白化粧品と言えば、リン酸化ビタミンCやアルブチンが有名ですが、これらはシミ予防効果は高いのですが、シミ取り効果はハイドロキノンキノンクリームの方がかなり高く約100倍の漂白効果があると言われ肌の漂白剤とまで称されています。

 

そんなシミ取り効果があるハイドロキノンですが、肝斑には効果が薄いとされています。

 

これは、ハイドロキノンクリームがメラニンを製造する酵素【タイロシネース】の活性を抑制することでシミの原因になるメラニン色素が作りにくくするため、肝斑の場合、メラニンを色素を活性化している原因が女性ホルモンなのでブロックする部分が全く異なるからです。

 

ただ、ハイドロキノンには生成されたメラニン細胞を破壊する効果やメラニンの凝集したメラノソームを分解することによりシミを消す、あるいは薄くする効果があるのでハイドロキノンによるシミ消し効果がゼロという訳ではありません。

 

肝斑以外の日焼けによるシミ

肝斑が目立つようになっても、肝斑だけがシミの原因ではありません。

 

紫外線対策を怠れば紫外線によるシミは肝斑とは別に発生します。

 

日焼けメラニンによるシミができる流れ
Aメラニンによるシミの生成はメラニン色素がメラノソームという袋に詰め込まれ細胞内骨格と呼ばれる二種類の道路で運搬されます。
Bメラノソームを受け取ったケラチノサイトはやがて角質化し皮膚の表面にでシミとして現れます。

 

具体的なハイドロキノンクリームによるメラニン阻止の役割
●ハイドロキノンクリーム@Aの効果によりAのような運搬されるメラニン色素がすでに少ない状態になっている
●ハイドロキノンクリームのBの効果によりメラニンが詰め込まれている袋が破けてしまい(分解され)Bのようにケラチノサイトにまでたどり着かない。

 

よって、肝斑に作用するトラネキサム酸の服用とハイドロキノンの塗布によるシミ消しはシミ対策として有効な手段と言えます。

 

ハイドロキノンクリームの使用方法

1)洗顔フォームで肌の汚れを取り除く。

2)化粧水で保湿して肌を整えてから、ハイドロキノンクリームを気になるシミの部分にのみ薄く塗ります。

 

ハイドロキノンは強い薬剤なので、肌全体に塗って肌を1トーン明るくする方法にはむいていません。
刺激が強いため、顔全体に使うと顔全体が赤みを帯びてしまう場合があるからです。

 

気になるシミに対してポイント使いする方が良いでしょう。

 

もし、顔全体を白くすることを望むであれば、ルミキシルクリームの方肌に優しく、メラニン除去効果もあるのでおすすめです。

 

ハイドロキノンクリームは紫外線にあたると逆にメラニンを促進してしまうので、日中に使わない方が良いですが、どうしてもという場合には
野外ならSPF値30、室内ならSPF値20を日焼け止めとして2〜3時j間おきに必ず塗布しましょう。

 

また、夜塗布する場合は薬剤を洗い落とす必要がありますので、朝、石鹸を使って薬剤をしっかり落とすようにします。

 

夜に皮膚に塗布したハイドロキノンは、体温での酸化するため、朝、洗顔フォームを使用してしっかり洗い流しましょう。

 

ハイドロキノンクリームの酸化

 

ハイドロキノンが化粧品に配合できなかった原因の一つがハイドロキノンが非常に酸化しやすい薬剤だからです。

 

開封後、空気に触れている部分は、時間の経過とともにうっすらとピンク色になり、黄色から褐色へと変化していきます。 

 

空気に触れている部分はサビのようになるので、目視でハイドロキノンの劣化を確認できます。

 

酸化した部分を絞りだし破棄をおすすめします。
絞りだすと再び、空気に触れてない真っ白いクリームが見えてきますので、その部分のみを使うようにします。
それでも、開封後2か月で使い切るようこころがけましょう

ハイドロキノンクリームを美容外科で処方した場合の価格や流れ

美容外科でハイドロキノンクリームを処方してもらう時は、受付や医師の問診・カウンセリング・診療を行った後
最初の塗布から病院の指導を受けながら自分で塗布していくように処方されます。

 

もちろん自由診療のため病院によりハイドロキノンの価格にはばらつきがあります。
平均5g処方で6000円から、高い所で15000円くらいかかるでしょう。

 

そこで、一度ハイドロキノンの効果を体感した人の中には次回から個人輸入を使うという人もいます。

 

ハイドロキノンクリーム通販なら処方箋もなく、1本1500円ほどで購入できるからです。

 

どちらにしても、自分が塗るのであれば、安いにこしたことはありませんよね。

 

ただ、あまりにも安いので本物?と疑ってしまいますよね。

 

きちんとした個人輸入であれば、すごく安くても本物なのでご安心ください。

 

おすすめの個人輸入代理店はオオサカ堂です。


 

ハイドロキノン4%=1243円〜

 

ユークロマクリーム4%(ハイドロキノン)の詳細はこちら>>

 

 

ハイドロキノンクリームの副作用

白さを求めすぎると白斑という症状が出ます。

 

これは、肌色さえ抜けている状態でだからと言って白人のような白さを得られるわけでなく、しかも均等に抜けないとまだら模様のようになります。

 

シミが消えた後も塗り続けていると起こりますので注意してください。

 

 

ハイドロキノンクリームを使用しているとき紫外線対策がしっかりされていないと通常より色素沈着を促進してしまいます。

 

 

さらに、塗った部分が赤みやかゆみ、ヒリヒリ感が出る場合があります。

 

ハイドロキノンとトレチノインの併用

通常、肌の生まれ変わりは28日です。

 

ハイドロキノンがどんなにシミを除去する力があっても新陳代謝の範囲内でしかシミは消えていきません。

 

そこで、もっと早くシミを消したい人におすすめなのがレチノンとの併用です。

 

レチノンはターンはターンオーバーを促す効果があります。
ターンオーバーの期間を短くかくする効果と、さらにレチノの表皮に沈着した余分なメラニン色素を外に出すはたらきがあり、古い角質とともに垢としてシミを押し出す効果を利用することで、美白にかかる時間を短く美白効果を高め
短い期間でシミを消すことができます。

 

ただ、レチノは本来ならまだ剥げない表皮を薬の力で強制的に剥ぐ作用ですので、副作用として強いヒリヒリ感と赤みが出ます。

 

 

 

トランシーノ錠体験談

更年期が出だした頃から色白だった顔色も黒ずみ一番つらかったのが大きな肝斑ができた事です。
なんとかしたいと思い美容皮膚科でトラネキサム酸を処方してもらったのが飲み始めた理由です。

 

おかげで肝斑が目立たなくなりましたのでオススメです。

 

もうすぐ閉経を迎えるのですが、閉経過ぎると肝斑は薄くなってくるのでそろそろ、血栓のリスクもあるのでトラネキサム酸を卒業しようと思っています。

 

 

 

美容に関してはサプリメントの効能には情報に疑問があるので口コミが良くても買ったことはありません。
しかし、肝斑が気になりストレスなので
最初はトランサミンの効き目を実感できず、体調にも配慮しながら恐々な部分もありましたが飲み続けました。

 

同時に積極的にパセリ・ブロッコリー・カリフラワー・にがうり・芽キャベツ・ケールなどの野菜が入った青汁を飲み血をサラサラにして血栓症の病気にならないようにまた肝臓の負担を軽くするように運動をするなど日常生活にも気をつけました。

 

当初は効き目を感じませんでしたが3か月頃から肝斑が薄くなってきたので信頼して飲み続けて良かったと思っています。

 

薬剤師の友人からトランシーノが肝斑に効くと聞き、3か月飲み続けシミが薄くなってきたのですが、なんせ高い・・もっと安くてないか?と探したところ、個人輸入のトランサミン錠を見つけて、2箱まとめ買い、それでもトランシーノよりトラネキサム酸の配合量が多い上に安い!トランシーノの代用にトランサミンにすれば続けられます。

 

40歳を過ぎてから、目の周りシミが目立つようになってきたので、シミ・ソバカスを薄くする作用がリコピンには唯一あるという話を聞いたので、毎日トマトを必ず食べるなど食生活に配慮しています。

 

あとはアスタキサンチンサンが美白にいいという話も聞きましたので、鮭も意識して食べるようにしています。
にんじんジュースとアップルジュースをミックスしたものも美白にいいと聞いたので最近始めましたが全く効果なし・・

 

ある日、シミの話題で友人と盛り上がっていたところ、シミじゃなくて肝斑じゃない?と言われ、資生堂のトラネキサム酸配合のHAKUを使うようにしました。
さらに、個人輸入でトラネキサム酸の錠剤を飲み始めてから肝斑が薄くなってきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

トランシーノより安い値段でおすすめトランサミン

100%正規品しか扱わない個人輸入代理店




1錠=トラネキサム酸500mg配合
1箱100錠入り=3,214円〜

送料無料

トラネキサム酸500mg配合のトランサミンの詳細はこちら>>


更新履歴